点滴

診療科別の医院開業と経営のプラン

手を握る

勤務医が収入アップを実現するためには、独立して新規にクリニックをオープンすることが重要です。最近ではコンサルタントのサービスも充実しているので、経営のノウハウがなくてもスムーズに医院開業を実現できます。また開業の準備を進めるプロセスでは、診療科別にクリニックのコンセプトを明確にする必要があります。
特にホームドクターとして重要な役割を果たすことが多い内科の場合には、住宅エリアの中で医院開業に最適な物件を取得するのが理想的です。駅からやや離れた地域にある住宅エリアでクリニックをオープンするときには、面積の広い建設用地を取得するのがポイントです。敷地面積が広いと十分な駐車スペースが確保できるので、自家用車で通院する患者も利用しやすくなります。しかし美容皮膚科や美容外科などの専門医が医院を開業するときには、駅前で賃貸オフィスを探して入居するべきです。美容系のクリニックを受診する人はアクセスを重視するので、開業を検討中の医師の間では駅直結型のビルの人気が高まっています。
不動産会社にクリニック向けの賃貸オフィスを探してもらう方法もありますが、コンサルタントに相談するのが効率的です。支援の実績が多いコンサルタントであれば、クリニックのイメージアップにも役立つ手ごろな物件を紹介してくれます。

Recent News